スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農場合宿

56期の林です。春合宿の一つである農場合宿についてお伝えしたいと思います。

この合宿の第一の目的は酪農体験をすること。
そして観光牧場ではなく一般的な農家さんにお世話になることで、農業の実態をつかむことを第二の目的として企画しました。

そんな僕たちを6日間も受け入れてくださったのは、島根県の大田市にある農家さんでした。
牛のエサやりから搾乳、その他作業まで体験させていただけるということで、なんだかんだでファームステイ気分になっていたのですが、そんなに甘いものではありませんでした。
実際に酪農家の一日に参加させていただくと体力面・思考力の面で自分たちの甘さを痛感しました。

それでも合宿後半に差し掛かるとなんとなく牛の気持ちがわかるようになり、作業も苦ではなくなり、搾乳もスムーズに行えるようになってきました!
また、牧場の方は僕たちを地域の集まりに連れて行ってくれたり、他の農業分野で活躍されている方とお話しする機会を与えてくださったりと、酪農家を目指しているわけでもないただの大学生(基礎工学部・工学部・文学部)に優しくしてくれたので、今までのワンゲル合宿の中で一番感動しました。


普段のワンゲル合宿では通り過ぎてしてしまう山の麓にも、生活している人がいる。
そしてその人たちが我々の食を支えている。

そんな、当たり前だけど大切なことに気づけた合宿でした。
スポンサーサイト

六甲山

IMG_1426.jpg

3月30日に六甲山へ登ってきました。春先の山行はとても気持ちのいいものですね!今年は桜の開花が早いので、もしかしたら桜を楽しめるかも?と思っていたのですが、残念ながらあんまり咲いていませんでした。

今回は宝塚駅から塩尾寺を経て、六甲山頂へ向かうルートをとりました。新緑の中を歩いて、途中の塩尾寺でおみくじを引いたり、電波塔近くで迷いかけたりと中々楽しめました。週末だったこともあってか僕達以外にも人が多く、六甲山は大変賑わっていました。

IMG_1429.jpg

久しぶりの山行だったの中々疲れましたが、春休み中の鈍った体に活を入れることができたと思います。これで今年もたくさんの所に出かけていけそうです!今年度の活動も今から楽しみです。

IMG_1431.jpg

帰りは有馬温泉に入ってきました。温泉は登山者で賑わっていて、入れる温泉を探すのも大変でしたが…打ち上げは宝塚でお好み焼きを食べました。登山疲れに温泉の後のビールは最高!

祝100人

このブログを始めてから1か月が経ちました。

そして昨日、このブログを訪れてくださった方が、なんと100人を超えました!!!
読んでくれる人がいるってホントにうれしいですね。ありがとうございます!

これからも大阪大学ワンダーフォーゲル部の活動内容、そしてワンゲルの楽しさを伝えるべく、良い記事を書いていきたいと思います。

ハイキングの下見に行ってきました

部室から車で新歓ハイキングで行く摩耶山に下見に行ってきました。
IMG_1425.jpg

写真は市ヶ原での一枚です。ご覧の通り天気は悪かったです…。4/13は天気が良くなるといいですね!

IMG_1424.jpg

皆でバーベキューもしました。地面が湿っていて難儀しましたが、焼肉奉行(自称)様がいたおかげでなんとか火を起こせました。風おこしホントお疲れ様。

24時間ロード

こんにちは。新2回生(57期)の中澤です。
先日行ってきた24時間ロードというものについて紹介しようと思います^^

これは名の通り、24時間寝ずに一般道を歩く(70kmくらい)というものです。
アウトドア活動が中心なワンゲルにとっては"らしくない"合宿と言っていいでしょう。

最後の方は足が痛くて仕方なかったですが、思ったほど眠くはなりませんでした。
過去には、言動がおかしく(面白く?)なる人もいたみたいですが…(笑)
しかしながら、この合宿を通してかなりの忍耐力を身につけることが出来たのではないでしょうか?
少なくとも自分は、この合宿で精神的に強くなった気がします!

そして、ワンゲルの合宿の醍醐味、打ち上げとアフター!!
これがあるから合宿に行くと言っても過言ではないでしょう。(先輩方すみません…笑)
打ち上げは横浜中華街で。
アフターは僕は、東京観光&ディズニーランドに行ってきました(*^^*)
いやまぁ当然楽しかったですよ。痛みはかなり引いてて助かりました。
KIMG1616.jpg

KIMG1645.jpg
ディズニーランドのお土産を部室に置いておいたので、欲しい方はどなたでも部室へどうぞ!!

余談ですが、3月に僕はイタリアに行き、月末にはベトナムに行きます。
そちらの方もお土産等々お楽しみに♪

無人島合宿

みなさんこんにちは!56期の河相です。ちょっと遅れてしまいましたが、3月上旬に行った沖縄無人島合宿のことを書きたいと思います。

無人島合宿は阪大ワンゲルの名物ともいえる活動で、前から行きたいなと思っていたのですが、今回ついに参加することができました。
この合宿の一番の目的は、”自由に楽しむ”ということなので、本当にやりたいことをやろうと思い、かねてからやりたいと思っていた釣りをすることにしました。以前他の部員が無人島に行った際ほとんど釣れなかったらしいので不安でしたが、無事何匹か釣り上げ、ホイル焼きや煮付けにして食べることができました。その時の様子はまた誰かが写真を載せてくれると思います。
他にも、島の外周を探索したり、リーフ歩き、野ウサギの観察など、無人島生活を思い切り満喫できました。来年もまた行こうと思うので、是非一緒に無人島合宿に行きましょう!

合宿終了!

56期林です。春合宿が終わり、久しぶりに大学に行くと桜が咲いていました。

CA3K0493.jpg
写りはよくないですが、豊中のサイバー前の木です。
これから図書館前などは桜一色になるのでとても楽しみです。

春合宿についてですが、今年度は、無人島、沖縄チャリ、農場体験、24時間ロードが開催され、僕は農場体験に行ってきました。各合宿の詳細については他の部員が書くのでお楽しみに。

運命感じちゃいなよゆー

57期丸山です。後期試験があった人はお疲れ様でした。
さて、何とも突拍子もないタイトルで始まった記事ですが、今回は僕が入部したきっかけを話したいと思います。それはまさに、UN☆MEIだったのです。
私は入学当初、ワンダーフォーゲル部に入る気が皆無、というか存在すら知りませんでした。(なんか怒られそう)入ろうと思っていたのは探検部。僕はアウトドアが好きなのです。しかし結局入ったのは、全く別の部活でした。ですがごたごたがあり、その部活は辞めてしまいました。そこで僕は予てより考えていた探検部に入ろうと考えたのです。というわけで知り合いの探検部に内容を聞くことに。すると彼は、「ワンダーフォーゲル部とかもいいんじゃない」と言いました。これが僕とワンゲルの出会い。そしてパソコンで活動内容を調べました。興味UP。そして次の日、たまたま僕の友人だった宮森という奴が、まさかのワンゲルに入っていると発覚! 何故かって思うかい? そいつが教室にアウトドア道具を持ってきていたからさ。というわけでいろいろ話を聞き、その放課後に部室訪問。結果、今に至るというわけです。
これを運命と言わずして何と言うか!
出会いは一期一会。自然の様は刻一刻と移り変わっていく。そんな自然の一瞬に出会うのもまた、運命。山登り中に別の団体とすれ違う。これも運命。そして実は、後期受験組は僕と今日出会っているかもしれない。革ジャン。革グローブ。ジーンズ。茶色いスポーツ自転車。そいつが僕だ。もし見かけた人、これは運命だ! ただ用事あっただけなんだけどね。
というわけで、数奇な運命の元、僕はワンダーフォーゲル部の一員になったのでした。

きっかけ

56期林です。今日は予告どうり初心に戻ってワンゲル(旅)に興味を持ったきっかけを書こうと思います。
いざ書こうするといろいろ思い当たる節はあるのですが、今日はきっかけとなった(であろう)本である『いま生きているという冒険』(石川直樹,2006,理論社)を紹介しようと思います。

この本には著者が高校生の時に初めて行ったインドへの一人旅に始まり、地球横断プロジェクトやチョモランマ登頂、ミクロネシアの老人に弟子入りして航海術を習ったことなどが書かれています。

この本に出会った当時、確か中学生3年生だった僕は、高校生でインドという未知の世界に飛び込んでいき、さらには見知らぬ土地で弟子入りしてしまう著者に憧れを感じ、いつか自分も海外の人と自由に言葉と心を通わすことができたらと思うようになりました。

この本の最後は次の言葉で締めくくられています。
「家の玄関を出て見上げた先にある曇った空こそがすべての空であり、家から駅に向かう途中に感じるかすかな風の中に、もしかしたら世界のすべてが、そして未知の世界にいたる通路が、かくされているのかもしれません。」

この言葉は「旅」を身近にさせてくれました。旅は非日常を経験するといった大それたものではなく、他人の日常に少しお邪魔させていただき、自分の日常と旅先の日常をつなげていくことにすぎないのだと。

P2240091_convert_20130307235450.jpg

先日、パリを旅行し、いつもは何気なく見過ごしていた月を見たとき、改めてそう思いました。今年はそんな謙虚な心を忘れずにいい旅ができたらと思います。そして、そんな旅を共有できる仲間が増えていってほしいとも思います。

P.S.
僕がパリに行っている間、「連協スキー」も開催されていました。僕はスキーにトラウマがあるため今回はパスてしまいましたが、大阪府立大学と大阪市立大学のワンゲル部と合同で行われる「連協」は普段の合宿とは異なる楽しさがあります。こちらの記事もお楽しみに!

もうすぐ春!

56期林です。
先日、天気が良かったので吹田キャンパス付近にある万博公園まで行ってきました。豊中キャンパス付近の下宿先から歩いて2時間で到着!梅祭りが開催されていました。

P3040489_convert_20130305231341.jpg
梅園からの太陽の塔

万博公園の目玉はなんといっても民族学博物館!
世界各地の生活様式や物産が展示されており、一日いても飽きません(特に入ってすぐのオセアニア展示が特にいい!!)。絵本「はらぺこあおむし」を世界中の様々な言語で音読してくれる機械なんかもおいてあるんです。すでに今回が4回目ですがまだまだ見たりない感じでした。
阪大生はキャンパスメンバーズ制度により、タダで入れるので、僕のような民俗学・言語学オタクの方はぜひ行ってみてください。

今回は梅祭りでしたが、ゆきやなぎとのコントラストが楽しめる桜のシーズンも素晴らしいです。
今年はどんな春がやってくるのか、今から楽しみです。

冬PW

2013冬PW2

比良山系 武奈ヶ岳下の細川越からの一枚

56期松尾です。今回は、先日の2/16-17に行った冬PWの報告をしたいと思います。
冬PWは毎年2月に、OBさんと一緒に阪大ワンゲルの聖地である滋賀県の比良山、武奈ヶ岳に登りに行く合宿です。
皆さんご存知だとは思いますが、阪大ワンゲル部はここ武奈ヶ岳のお膝元に山小屋を所有しています(ご存知ない方はこちらをご覧ください)。OBさんとの交流も兼ねて、この山小屋、暮雪山荘に泊まりに行くのです。

僕は2/15に長かった試験期間も終わって待ちに待った春休みが始まったところでしたし、今年は参加人数が16人と多くとても楽しみにしていました。

2013冬PW3


同じ山でも季節が違うと、まるで生まれ変わったかのように違った風景を見せてくれますね。いつもは慣れている登山道も雪が降ると道がまったく見えなくなって、どこが正解の道なのか分からなくなります。助けとなるのが「トレース」と呼ばれる、いわゆる足あとです。このトレースは道を教えてくれるだけではありません。トレースが付いていないところは、パーティの先頭がトレースを付けていくのですが(ラッセルといいます)、この作業がシンドイ。雪がやわらかいと足が深くまで潜り、足を上げるのも雪が邪魔してかなり体力を消耗します。歩くスピードもガタ落ちです…。しかし、トレースの上は踏み固められているのでラクラク進めるのです。トレースを付けてくれた先人やパーティの先頭の人は神のように崇められること間違いなしです(笑)。今年は前日に雪が多く降ったみたいで、新しいやわらかい雪が大量にありとても苦労しました。

2013冬PW1



暮雪山荘に一泊した後武奈ヶ岳登頂を目指したのですが、それを阻まんとするのがこの雪の壁です。「雪庇」と呼ばれるこれは、稜線に吹く吹雪の影響で積もった雪がせり出したもので、稜線上に出るにはこれを乗り越えないといけません。毎年これには苦労させられるのですが、今年は運よく雪庇の切れ目を発見できて、比較的楽に登ることができました。

2013冬PW4


稜線を楽しみながら、無事武奈ヶ岳に登頂できました。残念ながら今年は天気が悪く山頂からの景色は楽しめませんでしたが、冬は空気が澄んでいて晴れていると遠く御嶽や白山までもが見えるそうです。また来年チャレンジしたいですね。


僕は2回目の冬PWだったのですが、今回は大きなアクシデントもなく無事楽しく終えることができました。人数が多かったのもありましたが、比較的天気が荒れていなかったお陰でもあります。OBさん方は雪山経験が多く、OBさんに従って行けば安全に山行を楽しむことが出来るので、まだ経験したことがない人は来年ぜひ如何でしょうか。もちろんこれから入学してくる新入生の皆さんの参加も待っていますよ。

お部屋探し

またまた56期の林です。
今日は4月から一人暮らしを始める57期のO君のお部屋探しに同行しました。本来の生協の建物は半年前から工事中のため、食堂DonDonの2階でお部屋探し相談会が開かれていました。(4月の完成が待ち遠しいです!!)
生協
僕のおススメ物件があったのですが、入試後ということもありすでに全室埋まってしまっていました。合格発表後の3/9の午後までキャンセル待ちをしたほうが良さそうです。

ちなみに今日から無人島合宿が始まりました。沖縄まで行くので、暖かい青い海が綺麗なんだろうと思います。報告楽しみにしててください!

祝卒業

はじめまして。56期/文学部日本語学専修の林です。
今日は3月1日。多くの高校で卒業式ですね。受験生にとっては前期入試の合格発表前で、しかも後期対策もしなくてはならないという不安な時期ではないでしょうか。僕の受験した2年前は世界史/日本史/地理/数学の選択科目のうち、僕の選択した数学だけが難化した年で、絶望感に襲われていたのを覚えています。
今後、初心に戻ってワンゲルに入ったきっかけなどを書いていきたいと思います。
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスカウンター
あなたは
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。