スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次予備合宿 2014

夏合宿に向けて行われる二次予備合宿。
私たち阪大ワンゲル部は、6月の土日を使って、滋賀県の比良山での2日間の合宿を終えてきました。


二次予備合宿は、

一次よりも重い荷物を持つ
梅雨の時期なので蒸し暑い
景色が悪い

など、あまり楽しいところがない合宿と聞いていたのですが、
山行前後の雨のおかげか、そこまで暑くなく、わりと快適だったように思います。


もちろん、予備合宿は錬成のための合宿ですので、厳しい訓練も行います。
打見山から蓬莱山までのゲレンデを「歩く」、という苦行です。

谷村 ブログ用

一つ坂を上りきると次の坂が現れる。
先の見えない、長く急な斜面を一歩一歩進みます。
進むペースを上げすぎた一回生が、最初の坂を上りきった瞬間、さらに続く坂を目の当たりにして絶望する、なんて場面もしばしば見られました。
自分のペースで上ることが大切なのです。


そんなこんなで、大きなアクシデントもなく、無事に合宿を終えることができました。
続く三次予備合宿も、しんどいことには耐えつつ、楽しめるところは楽しんでいきたいと思います。

(文:59期 谷村 直道)
スポンサーサイト

鈴鹿山脈歩荷記

五月、世に言う「ゴールデン・ウィーク」は、大阪大学ワンダーフォーゲル部の一年のなかで、とりわけ特別な意味を持った一週間だ。ワンゲル部随一の“過酷”な鍛錬合宿、「L養Ⅱ(りーよう・に)」が挙行されるからである。「L養」とは、すなわち「Leader養成」の略。われわれ新2回生にとって、当合宿はまさにワンゲル部員としての進級試験であるのであって、昨年度四月の入部以来、一年を経て、“ワンゲラー”としてどこまで成長できたのか、己を厳しく問い詰める合宿となる。以下、依頼を受けてから随分経っての脱稿となってしまったが、「L養Ⅱ」合宿について、記憶に留めていることを書いていきたい。

☆☆☆ ☆☆☆

今年度の「L養Ⅱ」の舞台は、われわれのホーム・グラウンドと言うべき比良山系と、琵琶湖を挟んで向かい合わせにその位置を占めている、1000m級の連嶺・鈴鹿山脈であった。その滋賀・三重県境の峰々は、比良の武奈ヶ岳から、いつも霧の中に山容を望見していた峰々で、或いは憧れの山脈として、筆者の心中にあったかもしれない。1000m級と侮るなかれ。その縦走中の景色は極めて変化に富み、ササ原の拡がるたおやかな山容をもった竜ヶ岳、急坂の続く峻厳な南稜が印象的な藤原岳、カルスト地形に興趣の尽きない御池岳など、30数kgを背たろうての鍛錬のなかでも、その風景に感動を覚えられるだけの豊かな峰々であった。実に、筆者はあの美景に救われて、最後まで歩ききったのだと思う。
ryugatake
(たおやかな山容の竜ヶ岳。員弁川流域の展望が開けた)

☆☆☆ ☆☆☆

大阪から近鉄線と三岐鉄道とを乗り継いで三重県いなべ市の宇賀渓に到り、渓流の河原で幕営。当合宿で「食当」を分掌していた筆者は、景気付けにすき焼きをつくって、来る明日に備えた。仲々好評なのが嬉しかった。翌日、河原から竜ヶ岳までの登りは単調であったが、陰湿な照葉樹林帯を抜けて、カラッとしたササ原が拡がったとき、それまでの疲れは一気に吹き飛ぶ。この一帯の山塊を、われわれだけが独占しているようなあの爽快な心地は、山頂で「ザック・ダウン」のコールがかけられるとき、いよいよピークに達した。その後、北へ北へと縦走するその道中は、歩荷量の重いのもあって、またエアリアに記載された幕営地がはなはだ覚束無いものであったこともあって、一様に愉快と言えるものではなかったが、鍛錬合宿であるのだから、そんなことは当然甘受せねばらならない。

急坂の先に展開する「跌宕の美」に快哉を叫んだ藤原岳、伊吹山を望む秘境・鈴ヶ岳もそれぞれ忘れがたい印象をわれわれに与えてくれたが、やはり特筆すべきは、鈴鹿山脈の最高峰、御池岳からの絶景である。快晴の御池からは、未だ雪を戴く白山、木曽駒、御嶽、乗鞍までを眼下に収めることができ、まさに言うことなしという気持であった。この小さな歩荷さんたちにとって、これほどありがたい報いは一体あるだろうか!一年当地に通ったところで、これほどの絶景を何回観られるだろうかというほどのグッド・タイミングでの登頂に、まさに血湧き肉躍る筆者であった。帰路は、控え目ながら凛としたカタクリの花に激励を受けながら、鞍掛峠から国道306号へ下り、バスで滋賀県の彦根に到った。
oikedake1
(御池岳からの展望。冠雪した白山を遠望できる)
oikedake2

oikedake3
(御池岳にて。奇蹟的な絶景は、部員たちの腸に染みたことだろう)

☆☆☆ ☆☆☆

酷使した身体を保養することそこそこに、「L養Ⅱ」の翌週、われわれは「新歓合宿」に臨むことが恒例になっている。頼もしい後輩たちに、期待と脅威を感じつつ。。。二週続きの快晴にその絶景をあらわしている武奈ヶ岳に登ると、昨週登った鈴鹿山脈が、やはり遥かに堂々と連なっていた。この後、馴染みの比良山系にて、「L養Ⅱ」を或いは超えるかもしれない過酷さの「2次予備」を何とか終え、明日から白馬で「3次予備」に挑む筆者であるが、果して、“ワンゲラー”としてどこまで成長できているのだろうか。「ゴールデン・ウイーク」からこの間、鍛錬を行なってきた成果は発揮できるだろうか。一歩、一歩、歩みを進めていけば、その一歩は小さくとも、いつか頂きに達することができる。そうした「山の思想」を胸に秘め、ひとつ、いまの自分の力を出し切りたいと思っている。
suzukasanmyaku
(比良山系から望む鈴鹿山脈。五月の二回の山行は、この湖国をめぐって展開された)


(写真・文=2回生 越智 勇介)

一次二次と三次夏!

 こんばんは!
ブログ委員の若宮です。
三次予備目前ということで、一次・二次の振り返りと三次・夏の紹介を軽くしようとおもいます!

<一次予備>
 今回の一次予備は和歌山と大阪の県境にある紀泉高原へ行って参りました。高低差はそこまでないものの一日目は雨に降られ、一方二日目はからっと晴れた中の長い行程であり、初練成合宿である一回生にとっては中々過酷であったように思います。しかし誰もリタイアすることなく歩ききり、一回生の成長を垣間見ることのできた合宿でした。

<二次予備>
 なんと一次予備の後に新入部員が4人増え(しかもそのうち2人は念願のメッチェンです!)、気づけば一回生も二回生とかわらぬ16人となり、さらに賑やかになりました。そしてそんな一回生を待ち構えてたのが、二次予備でした。もちろん山域は比良です。案の定、打見山・蓬莱山そしてそこからのつづら折れにかなり苦戦する様子が見受けられましたが、なんとか全員最後まで歩ききりました。一回生の元気さに二回生がびびるそんな合宿でした。

<三次予備>
 今回は夏合宿に向けて、1Partyは白馬、2・3Partyは木曽駒へ2泊3日で合宿を行うことになりました。一回生にとっては初の2泊以上の合宿であり、また3000mに迫る初の合宿でもあります。かくいう私も、去年北海道へ行ったため2500mを超えるのは初めてでわくわくしていたりします。夏に向けて有意義な合宿となるよう頑張りたいと思います。

<夏合宿>
とうとう本番夏合宿!今年は1Partyは北岳をメインに南アルプスを、2・3Partyは槍をメインに北アルプスをそれぞれ一週間かけて満喫する予定です。一回生もとい二回生も初めての一週間の夏合宿ということで、楽しみつつもアクシデントの起こらぬようがんばっていきたいとおもいます。

以上、近況報告でした!
一回生による合宿体験後の生の声は、後日更新していこうと思います。
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスカウンター
あなたは
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。