スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成28年度 夏PW in 尾瀬・至仏山~燧ヶ岳

今年度の夏PWは大台ケ原と尾瀬の二つの地域から企画が出ていました。

実は大台ケ原は以前の初夏PWで僕が企画を出した事もあって前々から気になっていたので、どちらに行こうかは結構悩ましい問題でした(両方とも行っても良かったのですが)。しかし、阪大ワンゲルで関東・東北の山に登るという機会は少ないので、この夏休みの長い時間を使ってのんびりと尾瀬の高原を歩き回ってみたいという思いがあって、結局こちらに参加する事にしました。参加人数は3回生2人、2回生2人、1回生1人の計5人と、今までの予備合宿などと比べると少ないものでしたが、今になって振り返れば山行中、party全員で和気あいあいと話しながら登る事ができたので結果オーライだったのかなと感じます。いつもいつもでは寂しいですが時々はこういう少人数の山行も面白いですね。


さて、肝心の山行ですが、行程としては初日に百名山の至仏山に登り、二日目に尾瀬の高原を横断して最終日の三日目にこれまた百名山の燧ケ岳にアタックするというルートでした。3日間で百名山を2つと尾瀬の高原を満喫できる贅沢なコースだと思います。

Image_d260cc6.jpg

Image_e537627.jpg


初日は残念ながら雨でしたが、雨と湿地帯の組み合わせが意外とマッチしていて抒情的というか、風景にしっとりとした魅力があってこれはこれで悪くないといった感じでした。至仏山山頂では爽やかなお兄さんが快く皆の集合写真を撮ってくれた事が今でも印象に残っていますが、ガスが強く展望があまりなかったのは残念でした。

Image_e398ae6.jpg

Image_06f1b9d.jpg

Image_f05abfd.jpg


2日目はずっと湿地帯を進みましたが、素晴らしい景観でした。一面黄金色の湿地帯に木道が真っすぐ先まで伸びている光景はまるで映画の1シーンのような美しさでした。特に行程の最後にみた、尾瀬沼を挟んで夕日に照らされた燧ケ岳は本当に綺麗で翌日に登るのが待ち遠しかったほどです。

Image_506186d.jpg

Image_955020d.jpg

Image_d28077b.jpg

Image_5d19981.jpg

Image_7fa7dad.jpg

Image_5499efb.jpg

Image_3f1fff8.jpg


3日目の燧ケ岳ですが、ようやくというか、1、2日目とも雨や曇りが続いていた中でようやく晴れてくれて、燧ケ岳の山頂からいままでの行程、至仏山や湿原を真っすぐ伸びる木道を眺めた時は3日間という短い行程とはいえ、かなりの達成感を感じさせてくれるものでした。

Image_c57365e.jpg

Image_589f819.jpg

Image_b96ca33.jpg

Image_ab40250.jpg

Image_1961395.jpg

Image_7b034cb.jpg

Image_feb5351.jpg

Image_5a16665.jpg


今回は3日間を通して天候にはあまり恵まれませんでしたが、それでも尾瀬の魅力を十全に味わう事ができました。機会があれば水芭蕉のシーズンである春の季節にもう一度行ってみたいなと思います。以上です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスカウンター
あなたは
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。